対象の病気と手術方法

1-1.対象となる疾患:狭心症と心筋梗塞


▲正常冠動脈の走行

心臓の筋肉に血液を供給する血管を冠動脈といいます。冠動脈は、心臓の筋肉の表面を走行し、左前下行枝、左回旋枝、右冠動脈の3本に分かれています。
冠動脈に動脈硬化性変化をきたし、冠動脈が狭窄または閉塞することにより、心臓の筋肉が血液不足に陥る病気が、狭心症心筋梗塞です。これらを総称して、虚血性心疾患といいます。
糖尿病、脂質異常症(高コレステロール血症)、高血圧、喫煙歴、家族歴などを有する患者さんは、虚血性心疾患を発症する可能性が高いことが知られています。運動時に胸が痛くなったり、心臓の機能が低下することにより息切れを生じたりすることがありますが、最悪の場合は突然死をきたすこともあります。時に、自覚症状がまったくなく、検診の心電図異常などをきっかけに診断されることもあります。


▲血管の断面図

1-2.治療方法

狭心症や心筋梗塞に対する治療は、(1)薬物治療、(2)カテーテル治療、(3)手術治療:冠動脈バイパス術の3つがあります。
冠動脈バイパス術は、自分の体内の血管を、狭窄または閉塞している冠動脈の末梢に吻合することにより、心臓の筋肉の血液不足を改善することを目的としています。ここで使用する自分の体内の血管をグラフトといい、内胸動脈、右胃大網動脈、大伏在静脈(下肢の血管)、橈骨動脈(腕の血管)が使用されます。
カテーテル治療は、低侵襲(体の負担が少ない、入院期間が短い)という特徴がありますが、動脈硬化の強い病変部を治療しなければなりません。一方、冠動脈バイパス術は、動脈硬化の少ない冠動脈にグラフトを吻合できるため、術後の再発や追加治療が少ないことが証明されています。
カテーテル治療が進歩した現在でも、3枝病変(冠動脈3本すべてに病変があること)と、左冠動脈主幹部病変(左前下行枝、左回旋枝の分岐する手前の部分)に関しては、冠動脈バイパス術が第一選択となります。


▲冠動脈バイパス術の図


▲冠動脈バイパス術後のCT画像

1-3.オフポンプ手術


▲オフポンプ手術で使用する手術器具

冠動脈バイパス術は、1~2mm程度の冠動脈(時に1mm未満)を吻合するため、従来は人工心肺を使用し(オンポンプ手術)、心臓を停止しなければ難しい手術でした。
21世紀になり、手術技術の進歩や手術器具の改善により、人工心肺を使用せずに、心臓を動かしたまま冠動脈バイパス術をおこなうオフポンプ手術が可能となりました。現時点では、手術に対するリスクが高い患者さんには、オフポンプ手術が有効といわれています。
当院では、積極的にオフポンプ手術をおこなっており、2012年の単独冠動脈バイパス術は、すべてオフポンプ手術でおこないました。
心臓の機能が低下することにより弁膜症(僧帽弁閉鎖不全症)をきたすこと、また、左心室(心臓の中のポンプの役割を果たす部分)が拡大して心不全をきたすことがありますが、当院では、これらに対する僧帽弁形成術、左室形成術も積極的におこなっています。

ページの先頭へ